たかが散歩、されど散歩と深く知るほど奥深さを感じるようになりました。今までは運動不足と余ったエネルギーの解放からくるストレス発散程度の認識しかなかった散歩ですが、良く知ることによって犬にとって大切な儀式であることを知ることができました。

犬にもたらす散歩の効果

運動やストレス解消も散歩がもたらす効果になりますが、それ以上にあるのが主従関係の重要性です。どちらがご主人であるのかをはっきりさせるのも散歩であることを知ってから、意識して取り組むようになりました。時々興味を持つ者に対して執着心を持ち、先に歩くこともありましたが、リードをコントロールするようになってから、明らかに犬の反応が変わるようになりました。こちらがダメだということをはっきりわかるようになり、コントロールしやすくなりました。散歩には主従関係をはっきりさせるしつけの一環もあるでしょう。

犬が柔らかくなる

本当の感情なんてわかるはずもありませんが、表情を見ても姿勢からしても、なんとなく柔らかくなっていることに気付かされました。家族の一員であり、贔屓目として見てもかわいいですので単にそのような感情だけで感じることは否定できませんが、悟ったかのような表情をします。しつけをしっかりとできるようになってから、愛犬も落ち着いたように見えてきました。

正しい散歩をさせることの重要性

散歩をしていると、すれ違うときに吠える犬や小型犬に飛びつこうとする犬を見ると、まだまだ散歩の重要性が理解できていない飼い主さんも多いように感じます。わたしも以前まではそうでしたが、正しい散歩を知ることによって、ますます散歩が楽しくなりますので、情報収入に努めてほしいです。

マナー向上に繋がることを期待する

いきなり吠えられたり、飛びつかれるのはあまり良い気がしないはずです。ちょっとした散歩の重要性に気付くことで、嫌な想いをする人が減ることになりますので、散歩についての重要性を知ってほしいと願っています。