昔から人気を集めている大型犬は、穏やかな優しい性格の犬が多くいます。大型の犬は見た目とは違い、カロリーの消費量はさほど多くはありません。
しかし体が大きい為に、関節などを傷める事が多いのも事実です。このようなトラブルから守る為にも、ドックフード選びは重要になってきます。

体に似合わず内臓が弱い

大型の犬は体の大きさからは想像も出来ないほど、消化器官が弱い事が多く見られます。この事からもわかるように、消化しやすいもので作られているドックフードを食べさせあげる事が大切だと言えます。
大型の犬はあまり噛まずに飲み込んでしまう習性があるので、大型の犬用のドックフードは消化器官への負担を無くす為に工夫されています。
ふやけやすくなっているので、噛まずに飲み込んでしまった場合でも消化器官の働きを妨げないようになっています。必要されるカロリーは大型の犬が一番少ないですが、一番食べる犬種だとも言えます。

大型の犬用のドックフードの特徴

大型の犬用のドックフードの特徴の一つとして、カロリー設定が低い事が挙げられます。体が大きい分カロリー消費量が多く感じられますが、実際は小型犬や中型犬よりも少ないカロリー消費で済むので低カロリーに設定されています。
また大型の犬は食欲が旺盛で、ドックフードを噛まずに丸呑みする事も少なくありません。丸呑みする事で、消化器官に大きな負担を掛けてしまう可能性があります。
このリスクを軽減する為に、大型の犬用のドックフードはふやけやすくなっています。ふやけやすくなっている事で、消化気管の手助けをするように作られています。
大型の犬は外見とは違い、ナイーブな一面を持っています。この事を忘れずに、体に優しいドックフードを選んであげるのが大切です。
大型の犬は小型犬や中型犬よりも、消化器官が弱い傾向にある事を忘れないようにしなければなりません。消化器官に負担のかからないように、消化率が良くなるように一手間加える事も大切になってきます。