小型犬は見た目とは違い、中型犬や大型犬よりもカロリーを必要としています。そのため体の小さい犬用に作られているドックフードは、高カロリーが摂取出来る原料が使われています。
体が小さいからこそ、必要としているエネルギーが多い事を忘れてはいけません。また犬種なによって消費するエネルギー量が違うので、その事も頭に入れてドックフードを選ぶようにしましょう。

小型犬のフードの特徴

小型の犬用に販売されているドックフードの特徴として、小粒で高カロリーである事が挙げられます。なぜ高カロリーなのかと言うと、体重1キロに消費するエネルギー量が中型犬や大型犬よりもはるかに多いからです。
小型の犬は動くために消費するエネルギーが多く、一度の食事で消費してしまったエネルギーの源のカロリーを摂取しなければいけません。効率良く高カロリーでエネルギーに変換出来るように、犬種ごとにも販売されているのが特徴です。
体が小さい分消費してしまうエネルギーが、大きい事を忘れてはいけません。また犬種ごとにも専用のドックフードが販売されているので、その中から愛犬が喜んで食べるものを選ぶ事をオススメします。

小型犬のフード選びのポイント

小型の犬用のドックフードを選ぶポイントとして押さえておきたいのは、飼っている犬種専用のものを選ぶという事をです。他には喜んで食べるメーカーから販売されている、小型の犬用のドックフードを食べさせるという事です。
小型の犬は全てにおいてサイズが小さいため、小粒で嚙み砕きやすいものが望ましいとされています。小粒で嚙み砕きやすいと体内での吸収率も高まり、必要としているエネルギーの摂取効率を高めてくれます。
また最近では高級な原料を惜しみなく使い製造されたドックフードが、愛犬家の間で爆発的な人気を博しています。愛犬の食費に当てられる予算に余裕のある人は、高級ドックフードを食べさせあげると良いかも知れません。
愛犬が喜んで食べるメーカーを見つけ出し、そのメーカーから販売されている小型の犬用のドックフードを選んであげましょう。もちろん使用されている原料のチェックを忘れずにする事と、嚙み砕きやすいように作られている確認する事が大切です。

関連記事になります

  • 子犬(パピー)に与えるドッグフードの特徴子犬(パピー)に与えるドッグフードの特徴 ペットショップなどに行った時、愛くるしい瞳に見つめられ子犬を家族に迎えたことがある人はたくさんいると思います。実は子犬と成犬では、食べさせるドックフードが大きく異なります。 これは体を形成する大切な時期の子犬が必要とする栄養素と、成犬が体を維持する栄養素は大きく異なります。犬 […]
  • ドッグフードを中型犬へ与える方に読んで欲しい記事ドッグフードを中型犬へ与える方に読んで欲しい記事 中型犬は運動量が多く、たくさんのカロリーを消費します。筋肉などを作るために必要な動物性タンパク質が多く、中型の犬の運動量にも対応出来るように作られています。 また中型犬用のドックフードを販売しているメーカーからはライフステージごとに、適切なカロリーなどが摂取出来るようにカロリ […]
  • 国産が批判されているドッグフード業界!なぜなの?国産が批判されているドッグフード業界!なぜなの? ドックフードは国産より、外国産の方が人気を集めています。愛犬家の間では、ドックフードを製造販売する為の基準の厳しさを基準に見ています。 さらに使われている原料の内容にも注目が集まっています。人間が食べられる原料を使用して作られているドックフードが近年流行の兆しがあります。 […]
  • 成犬へのドッグフードはどんなのがいい??成犬へのドッグフードはどんなのがいい?? 犬の成長を表す方法で、ライフステージというものがあります。愛犬が子犬から成犬までのどのステージに属するのか、これをわかりやすくしたのがライフステージです。 犬種やサイズによって成長の区切り方が異なり、それに合わせて食べさせるドックフードを変えていく必要があります。これは体の成 […]
  • シニア犬へドッグフードをあげる際の注意点他・・シニア犬へドッグフードをあげる際の注意点他・・ 犬は人間の倍の速度で歳をとり、それに合わせて食べさせるドックフードも変えて行かなければなりません。体の衰えに対して必要する栄養は変わっていき、その都度体調などによって食べさせるドックフードを変える必要があります。 また栄養を吸収する機能が著しく落ちてしまうため、吸収しやすい作 […]
  • 健康で長生きするためのドッグフードの選び方健康で長生きするためのドッグフードの選び方 大切な愛犬には少しでも長く生きて欲しいと思っている人はたくさんいると思います。大切な愛犬の寿命を決めるのは、毎日食べるドックフードで大きく左右されます。 健康を維持することが出来れば、寿命を長くする事が出来ます。その為には体に害の無い原料を使用している必要があります。 獣医 […]