小型犬は見た目とは違い、中型犬や大型犬よりもカロリーを必要としています。そのため体の小さい犬用に作られているドックフードは、高カロリーが摂取出来る原料が使われています。
体が小さいからこそ、必要としているエネルギーが多い事を忘れてはいけません。また犬種なによって消費するエネルギー量が違うので、その事も頭に入れてドックフードを選ぶようにしましょう。

小型犬のフードの特徴

小型の犬用に販売されているドックフードの特徴として、小粒で高カロリーである事が挙げられます。なぜ高カロリーなのかと言うと、体重1キロに消費するエネルギー量が中型犬や大型犬よりもはるかに多いからです。
小型の犬は動くために消費するエネルギーが多く、一度の食事で消費してしまったエネルギーの源のカロリーを摂取しなければいけません。効率良く高カロリーでエネルギーに変換出来るように、犬種ごとにも販売されているのが特徴です。
体が小さい分消費してしまうエネルギーが、大きい事を忘れてはいけません。また犬種ごとにも専用のドックフードが販売されているので、その中から愛犬が喜んで食べるものを選ぶ事をオススメします。

小型犬のフード選びのポイント

小型の犬用のドックフードを選ぶポイントとして押さえておきたいのは、飼っている犬種専用のものを選ぶという事をです。他には喜んで食べるメーカーから販売されている、小型の犬用のドックフードを食べさせるという事です。
小型の犬は全てにおいてサイズが小さいため、小粒で嚙み砕きやすいものが望ましいとされています。小粒で嚙み砕きやすいと体内での吸収率も高まり、必要としているエネルギーの摂取効率を高めてくれます。
また最近では高級な原料を惜しみなく使い製造されたドックフードが、愛犬家の間で爆発的な人気を博しています。愛犬の食費に当てられる予算に余裕のある人は、高級ドックフードを食べさせあげると良いかも知れません。
愛犬が喜んで食べるメーカーを見つけ出し、そのメーカーから販売されている小型の犬用のドックフードを選んであげましょう。もちろん使用されている原料のチェックを忘れずにする事と、嚙み砕きやすいように作られている確認する事が大切です。