ペットショップなどに行った時、愛くるしい瞳に見つめられ子犬を家族に迎えたことがある人はたくさんいると思います。実は子犬と成犬では、食べさせるドックフードが大きく異なります。
これは体を形成する大切な時期の子犬が必要とする栄養素と、成犬が体を維持する栄養素は大きく異なります。犬のライフステージで選ぶドックフードは、慎重に選ぶ必要があります。

食事のあげ方

犬がまだ小さい場合は、餌のあげ方にも細心の注意を払う必要があります。成犬とは違い、硬すぎるドックフードや大きな粒のドックフードなどは、喉を詰まらせる危険性などもあります。
幼犬専用のドックフードなどは、そのあたりを考量して作られています。また幼犬にも好みがあるので、喜んで食べるドックフードを選ぶ事が大切です。
まずはじめは遊びの中から、食べらる安全なものだという事を教える必要があります。口にしても安全なものと一度認識すれば、あとは喜んで幼犬専用のドックフードを食べるようになります。

子犬のフード選びのポイント

幼犬のドックフードを選ぶ時、幾つか気をつけなければいけない事があります。まず1つ目は高カロリーである事です。
幼犬の時は体を形成するために、たくさんのカロリーと栄養を必要としています。そのため幼犬専用のドックフードは成犬用に比べるとカロリーが高く、吸収率も良いもので作られています。
また幼犬でも味の好みがあるので、喜んで食べるドックフードを選ぶのが大切です。体の形成を担う幼犬の時に、しっかりと栄養を摂取することで丈夫で元気な子に育ちます。

まとめ

幼犬の時に食べさせるドックフードは、体を形成する上で一番重要だと言えます。この事から解るように、人間同様に犬も食べ物が大切だという事が解ります。
丈夫で元気な子に育って貰うためにも、ライフステージに合わせて必要とされる栄養を与えてあげるようにしましょう。子犬に食べさせるものは、通常より吸収が良く高カロリーに設定されているのが特徴です。