ドックフードは国産より、外国産の方が人気を集めています。愛犬家の間では、ドックフードを製造販売する為の基準の厳しさを基準に見ています。
さらに使われている原料の内容にも注目が集まっています。人間が食べられる原料を使用して作られているドックフードが近年流行の兆しがあります。

外国産のほうが人気の理由

国産より外国産のドックフードが人気を集めている理由は大きく分けて、2つに分ける事が出来ます。1つは製造販売する為の基準が厳しいという事、2つ目は人間が食べられる原料を使用したうえで穀物を一切使っていない事が人気を集めている理由と考えられています。
国内で製造されたドックフードの中にも人間が食べられる原料を使い、穀物を一切使っていないドックフードはあります。しかし国が定めている基準の差が大きく、日本よりイギリスなどの外国の基準の方が数倍厳しいと言えます。
インターネットの普及で広まった通信販売を利用して、外国のドックフードが販売されるようになりました。これがきっかけで外国のドックフードの品質の高さ、安全性が知られるようになりました。

安全性がとても高い

外国のドックフードは、犬の体に害の無い原料と安全性が高いものが多く販売されています。もちろん日本産のドックフードの中にも、高品質で安全性の高いドックフードはあります。
しかし外国産のドックフードの方が認知度から信頼性まで、国産のドックフードを上回っている事は言うまでもありません。国内でも少しずつですが外国産のドックフードの良さを真似て、安全性の高いドックフードの販売が広まりました。
ここ数年でペットの扱いが急激に変わり、外国並みの保護意識が強くなりした。それに伴い法律上でも安全性を確保する動きが活発になり、愛犬家の間ではドックフードの原料の安全性にも注目するようになりました。

まとめ

外国産のドックフードの安全性の高さから学び、国内で生産されるドックフードの品質は急激に向上しています。しかし外国産のドックフードの知名度が高いため、国内産のドックフードよりも高い評価を得ています。
国内産のドックフードは、外国産に比べると評価が落ちてしまう事が多くあります。外国産のドックフードの方が実績がある事が、日本の愛犬家の支持を集めていると言えます。