犬の成長を表す方法で、ライフステージというものがあります。愛犬が子犬から成犬までのどのステージに属するのか、これをわかりやすくしたのがライフステージです。
犬種やサイズによって成長の区切り方が異なり、それに合わせて食べさせるドックフードを変えていく必要があります。これは体の成長具合で必要とされる栄養が異なり、必要とされている栄養素を確実に摂取させる必要があります。

ドックフードの食べさせ方

成長が止まった大人の犬の場合、餌を与えるときに気を付けなければならない事があります。それは適量のドックフードを食べさせる事で、体重をコントロールしたり、病気の発症を減少させる事が出来ます。
可愛いからと言って人間の食べている食べ物をあげるのは良いとは言えず、肥満になってしまったりします。心臓病の発症などのトラブルになる可能性が高く、必要とされている量以上に食べ物を与えない事が大切です。

バランスの良いドックフードを食べさせる

大人としてライフステージを区切る事が出来る犬の場合、与えるドックフードはバランス重視のものが良いとされています。子犬の時は体の形成のために、高カロリーで多くの栄養素が必要になります。
しかし大人になると形成された体や筋肉などを維持するために、必要な栄養を摂取する事が大切になります。高カロリーのものを与えてしまうと、肥満になるリスクが大きくなってしまいます。
またドックフードを製造するために使われる原料も、体に害の少ないものを選ぶようにしましょう。成長が止まった大人の犬の場合、体に栄養を蓄積する機能が活発に働いています。
そのため体に害を及ぼすとわかっている食べ物は与えず、体に対して害がなく栄養価が高いものを食べさせるようにしましょう。病気の発症のほとんどの原因は、毎日食べさせるドックフードの原料にあります。
いつまでも元気でいてもらうためにも、人間が食べられるものを原料として使っているドックフードを食べさせるようにしましょう。値段は高くなってしまいますが、元気でいてもらうためにも必要なリスクだと言えます。